見直しのタイミングは?

生命保険には、特に見直しが必要になるタイミングというものがあります。それについて、順に説明していきます。まず、「結婚して家族が増える時」には生命保険を見直しましょう。独身時代には自分が責任を負うべきは自分自身ただ一人でしたが、結婚するとパートナーに対する責任も生じます。また保険の仕組みの観点から見ると、「配偶者」という続柄は重要な意味を持ちます。生命保険金の受取人を両親にするか配偶者にするかで、実際に受け取れる金額が大きく変わってくるのです。

次に、「妻が出産して家族が増える時」にも生命保険を見直しましょう。家族が1人増えれば生活費も当然増えますから、保障額を増やす必要があります。また子どもの教育費、学資保険などとの兼ね合いも考えなければなりません。生命保険金の受取人についても、「子供」という選択肢が増えます。

また、「離婚する時」にも生命保険を見直しましょう。それまで夫婦で共有していた家計が分離しますから、それに合わせて保険を変更する必要があります。子供がいる場合には片親で子供を育てる事になりますから、子供の生活を保障するために自身の死亡時の保障金額を増やしましょう。

さらに、「マイホームを購入した時」、「子供が自立した時」、「定年退職」というライフイベントでも生命保険の見直しが必要です。大事なポイントは、「大きなライフイベントでは経済状況が大きく変わる」という事です。

生命保険の見直し

保険は万が一の事故やトラブルに備えるために必要なものです。その中でも「生命保険」は、加入者の生命に関わる予期しない事、すなわち病気やケガ、入院・死亡などによる家族の経済的損失を保障するための保険です。大切な家族を守るために、生命保険はとても重要なのです。とても重要な生命保険ですが、残念ながら「加入しておけばもう安心」というものではありません。必要以上の保障を受けている場合には保険料が無駄になりますし、ライフステージや経済状況の変化に応じて保障内容を見直すべきなのです。

特に保険を契約した後、結婚や出産などの大きなライフイベントを経験した場合、そのままの保険では現状に全く合わないという事が多々あります。常に自分が加入している保険が今の自分の状況に合っているのか、しっかりと考えましょう。

基本的にはライフステージが移行するたびに、生命保険を見直すべきです。しかしどの程度のライフイベントであれば保険見直しのタイミングに該当するのか、よく分からない方も多いと思います。そこで特に生命保険を見直すべきタイミングとしては、結婚や妻の出産など、家族が増える時、逆に、離婚する時や、子どもが独立したときなどが代表的です。それ以外に、マイホームを購入した時や、定年退職をしたときなども人生における大きなイベントの一つです。

上記のタイミングで起こるライフイベントは、その後の人生が大きく変わる非常に重要なライフイベントです。その時の選択で後に激しく後悔しないように、保険見直しの際には相談窓口の活用をおすすめします。専門家の知恵を借りましょう。